クレジットスコアの重要性と上げるための方法

クレジットスコアとは何ですか?

クレジットスコアとは?

クレジットスコアとは、個人がクレジットカードやキャッシングなどの借り入れをしているかどうかや、返済履歴、年収、勤続年数などから算出される、信用度を表す指標のことです。

クレジットスコアが算出される仕組み

クレジットスコアは各信用情報機関が独自に算出しています。
主に使用されているのは以下の3社です。

  • 株式会社 日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社 信用情報機構(CIC)
  • 株式会社 クレディセゾン情報サービス(CSC)

各社が算出するクレジットスコアには若干の違いがあるため、複数の信用情報機関から取得した情報を総合的に判断して、金融機関が信用度を評価することが多いです。

クレジットスコア算出の主な要素

クレジットスコアは、以下のような要素を基に算出されます。

  1. 返済履歴
  2. 借入金額
  3. 信用履歴の長さ
  4. 新規借入やクレジットカードの申し込み件数
  5. 種々のクレジットアカウントの有無(クレジットカード、ローンなど)
  6. 利用実績(利息や年会費の滞納があるかどうか)
  7. 月収や職歴などの情報

これらの要素を総合的に判断して、クレジットスコアが算出されます。

クレジットスコアの計算方法はどのようになっていますか?

クレジットスコアの計算方法について

クレジットスコアとは

クレジットスコアとは、消費者金融やキャッシングなどの融資を受ける際、その顧客の返済能力や信用度を表す一つの数値です。
このスコアが高いほど、融資の審査に合格しやすくなり、低い場合は審査が厳しくなる傾向にあります。

クレジットスコアの計算方法

日本のクレジットスコアの計算方法は、公開されていません。
しかし、クレジットスコアを参考にしている信用情報機関である「日本信用情報機構 (JICC)」が、以下の要素を基にクレジットスコアを算出しているとされています。

  1. 借入履歴: 過去の返済履歴と借入金額
  2. 滞納・債務整理履歴: 延滞や債務整理の有無
  3. 年齢・年収: 年齢と年収の関係性
  4. 勤務先: 勤務先の安定性
  5. 住宅: 家賃や住宅ローンの支払い状況

これらの要素は、一般的な借入審査にも影響することがあります。
ただし、この要素以外の個人情報や審査内容、業種や銀行など、様々な要因が考慮されることで、クレジットスコアが算出されます。

まとめ

クレジットスコアは、融資審査に影響する重要な指標の一つです。
算出方法は公開されていませんが、要素を把握することで、自身のスコアを向上させることができる可能性があります。
ただし、個人情報にも関わるため、過度な情報開示には注意が必要です。

クレジットスコアを上げるためにはどのような方法がありますか?

クレジットスコアを上げる方法

1. 支払い履歴を良くする

  • 遅延や未払いをしないで支払いを完了する
  • 定期的に請求書の支払いを確認する
  • 自動支払いに登録する

2. 借入金額や残債を減らす

  • 借金の返済を早める
  • 返済能力を上げるために収入を増やす
  • 複数の借入先がある場合は、高金利のものから返済する

3. 新しいクレジットを開かない

  • 同時に複数のクレジットカードを開かない
  • 新しい融資やキャッシングをしない
  • 必要な場合でも、一つずつ新しいクレジットを開く

4. 長い間同じクレジットカードを使用する

  • 長期間同じカードを使うことで信頼性が上がる
  • クレジットカードを変更する場合も、古いカードをすぐに解約せずに保留する

5. クレジットレポートを確認する

  • クレジットレポートに間違いがないか確認する
  • 誤った情報がある場合は速やかに修正する

これらの方法を実行することで、クレジットスコアは上昇する可能性があります。

クレジットスコアが低い場合、どのような影響がありますか?

クレジットスコアが低い場合、どのような影響がありますか?

1. キャッシングやクレジットカードの審査に落ちやすくなる

クレジットスコアが低いと、貸し出し先から見て返済能力が低いと判断され、キャッシングやクレジットカードの審査に落ちる可能性が高くなります。

2. 高金利になる

クレジットスコアが低いと、貸し出し先はリスクを考慮して高い金利をつけることがあります。
そのため、同じローンでもクレジットスコアが高い人よりも高い金利で返済しなければならなくなります。

3. 電話やメールで催促が来る場合がある

延滞をする場合に、貸し出し先から電話やメールで返済を催促される場合があります。
低いクレジットスコアであるため、貸し出し先としては返済の不履行が心配なため、返済催促が厳しくなることがあります。

4. 契約しないことがある

クレジットスコアが低い場合、貸し出し先から契約を断られることがあります。
そのため、低いクレジットスコアを回復するためには、返済能力を証明することが必要です。

5. 信用情報機関に登録される

クレジットスコアが低い人は、延滞や債務整理などの情報が信用情報機関に登録されます。
信用情報機関に登録されると、将来的にも貸し出し先から疑われやすくなります。

6. クレジットスコアの回復が難しい

クレジットスコアが低い場合、回復に時間がかかります。
特にブラックリストに登録されると、回復が難しくなる場合があります。

以上が、クレジットスコアが低い場合の影響です。
覚えておきましょう。

まとめ

日本信用情報機構 (JICC)が算出するクレジットスコアは、以下の要素を基にしています。返済履歴、借入金額、信用履歴の長さ、新規借入やクレジットカードの申し込み件数、種々のクレジットアカウントの有無、利用実績、月収や職歴などの情報を総合的に判断して、クレジットスコアが算出されます。ただし、具体的な計算方法は公開されていません。