キャッシング履歴の基本を知ろう!データ内容から確認方法まで解説

キャッシング履歴って何を記録しているの?

キャッシング履歴とは?

キャッシング履歴とは、個人が過去にキャッシング(お金を借りる)を行った記録のことを指します。

キャッシング履歴にはどのような情報が記録されているのか?

キャッシング履歴に記録される主な情報は以下の通りです。

  • 借入金額
  • 借入先金融機関名
  • 借入期間
  • 返済履歴(返済日、返済金額など)

なぜキャッシング履歴が重要なのか?

キャッシング履歴は、ローンやクレジットカードの審査に影響する重要な情報です。
過去にキャッシングでトラブルを起こした場合、審査に落ちることがあります。
また、キャッシング履歴をチェックすることで、本人確認や貸し倒れリスクの判断を行うことができます。

キャッシング履歴はどこから確認できるのか?

キャッシング履歴は、信用情報機関に登録されています。
主な信用情報機関としては、クレディセゾン情報サービス、JICC、CICなどがあります。
自分のキャッシング履歴を確認するには、これらの信用情報機関に対して問い合わせを行う必要があります。

参考文献

  • 「キャッシング履歴とは何か?」:レイク株式会社 https://www.lake.co.jp/support/faq/loan_qa06.html
  • 「個人信用情報とは」:日本信用情報機構 https://www.jicc.co.jp/consumer/privacy/private-info

キャッシング履歴ってどこで確認できるの?

キャッシング履歴の確認方法

キャッシング履歴は信用情報機関に登録される

日本には、主に三つの信用情報機関(CIC、JICC、UCS)が存在しています。
キャッシング履歴は、このような信用情報機関に登録されることが一般的です。

CIC

  • キャッシング等の融資の履歴
  • 借入、返済、債務整理履歴

JICC

  • クレジットカード、キャッシング等の融資の履歴
  • 借入、返済、債務整理履歴

UCS

  • クレジットカード、キャッシング等の融資の履歴
  • 借入、返済、債務整理履歴

信用情報機関から自分のキャッシング履歴を確認する方法

信用情報機関から自分のキャッシング履歴を確認するには、以下の手順が必要となります。

  1. 本人確認書類を用意する
    身分証明書などの本人確認書類が必要です。
  2. 各信用情報機関の指定フォームから請求する
    各信用情報機関の指定フォームを使って、キャッシング履歴の請求をします。
  3. 審査後、履歴を送付される
    身分確認が完了した後、審査の結果、キャッシング履歴が郵送で送付されます。

キャッシング履歴が悪いとローンの審査に影響するの?

キャッシング履歴が悪いとローンの審査に影響するの?

回答

キャッシング履歴が悪いと、ローンの審査に影響する可能性があります。

キャッシング履歴が良くない場合、以下のようなデメリットがあります。

  • 信用情報機関にマイナスの履歴が残る
  • 借入履歴を照会される場合、不利になる
  • 借入金利が高くなる可能性がある

これらは、キャッシングやローンなどの借入に関する情報を管理する信用情報機関に登録された情報に関係します。

また、キャッシング自体が短期間で借り入れることができるものであり、その返済期間も短いため、適切に返済する必要があります。

ただし、キャッシング履歴が悪いからといって、必ずしもローンの審査に落ちるわけではありません。
個人情報や収入、資産など、審査の各項目全般を総合的に判断されるため、履歴だけで判断されることはありません。

根拠

日本では、信用情報機関に個人の借金履歴や返済履歴などが登録されます。
銀行やクレジットカード会社、消費者金融などが利用する情報機関には、個人の「信用情報」が蓄積され、その情報が元に、ローンやクレジットカードの審査が行われるためです。

また、キャッシング自体は短期の借入であるため、借入履歴に連動して、ローンの審査に影響する場合があります。

キャッシング履歴のデータの保管期間はどのくらいなの?

キャッシング履歴の保管期間について

  • キャッシング履歴のデータの保管期間は、法律上は5年間が一般的です。
  • この期間中は、消費者金融などが顧客情報を保存していることが一般的です。
  • ただし、金融機関によっては、自社の方針で長期間保管する場合もあります。

根拠

  • 個人情報保護法により、個人情報は適正な期間のみ保管するよう求められています。
  • 一方で、金融機関は、消費者トラブルの際に証拠を保持する必要があるため、一定期間データを保管する必要があります。
  • しかし、金融機関の自主的な方針によって、保管期間が延長される場合もあるため、各社の規定を把握する必要があります。

まとめ

キャッシング履歴とは、過去に個人がキャッシング(お金を借りる)を行った記録です。この履歴には、借入金額、借入先金融機関名、借入期間、返済履歴(返済日、返済金額など)が記録されます。信用情報機関に登録されることで、貸し倒れリスクの判断やローンやクレジットカードの審査に影響する重要な情報となります。自分のキャッシング履歴を確認するには、信用情報機関に対して問い合わせを行う必要があります。